2006年です。 早いものでblogをはじめて1年が過ぎました。 読んでくれる方、ありがとう。 これからも、よきアドバイスをよろしくお願いします。

2006年01月02日

MILLION DOLLAR BABY

今日はバイトがOFFだったので、DVDを一本借りました。

ミリオン・ダラー・ベイビー

良かった。誰に勧めたいわけじゃないんじゃないんだけど、良かった。
いろいろ考えてしまう。
なんか好きなことに打ち込んでることが幸せだとか、
短くても濃く人生を生きたいとか。
そんなことを思った。

なかでも、なぜボクサーはボクシングの魔力に見せられ、
怪我をしても、失明しても、それでもボクシングに魅せられるのか。

It's the magic of risking everything、

for a dream that nobody sees but you.


ってセリフがあった。

「自分にしか見えない夢のために、全てを賭けられる魔力」

熱い。

それはボクシングに限ったことではないはずだ。
自分もたまに将来を考える時に思うことがある、
どんなことだったら命賭けられるかな。
仕事に命賭ける消防士とか警察官って、格好良いな。
でも、家族のために命賭けてる「一見ただのサラリーマン」ってのも、
よく見るとけっこう格好いいのかな。

とか思ったりして。

平凡な毎日よりは生涯反抗期みたいな、波乱の人生の方が面白いかな。
小心者の自分にあう、できる限りの波立った生き方を探してみたくなった。
いまは、そんな自主性とは正反対かな。
言われたことをやるだけの毎日。

アンビシャスが足りない。
自分の夢と目標をもう一回確認。
1月2日にふさわしい、気持ちの入れ替え。

もちろん、去年のことは忘れない。
いい一年だった。
でもそれはもう深くにしまって出さないでおこう。
今年は今年で、いい一年にします。

ことしもよろしくお願いします。
あけましておめでとうございます。
posted by take4 at 20:08| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・音楽・アートなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一瞬間違った所に足を踏み入れてしまったかと思ってしまった!!
私ね、クリスマスパーティーの抽選でDVDプレーヤーが当たったんです。滅多にCDやDVD借りて見ることがないのですが、この機会に見ようと思ってます。またお勧め教えてくださいね。
Posted by kana at 2006年01月03日 10:33
自分はいい映画、いい音楽の基準が人とずれているような気がします。たくさんの映画を見あさってきたわけでもありません。人の影響を受けやすいので、「これ、なかなか良いよ」って言われたら、良いと思ってしまう。
自分がいいと思っている映画で他の人があまり気に入らなくても頑固に押し通すところがあります。
でも映画も音楽も新旧問わずいろいろ見た方がいいですよね。
たまに名作に出くわしたとき、なんでこの映画をもっと早く見なかったんだろう…。ってちょっと後悔します。そして、遅くなったけど見て良かった、って思います。
基本的に映画館は一人で行くに限ります。邪魔が入らないように。直後に人の意見に流されないで自分の感想を言えるように。(他の人はどうか知りませんが…)
食わず嫌いせずにDVD借りてみるのも、結構アリな映画多いと思いますよ!
音楽は趣味の合う人を見つけた方がいいかな。
ちなみに自分と同じような音楽の趣味の人は知り合いの中で4人くらいしかいません…。
そんなマニアックな趣味をしているわけではないんですけどね。
Posted by take4 at 2006年01月03日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11267994

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。